2006年11月12日

RSSリーダー

RSSリーダーというアプリケーションがある。
RSSリーダーに自分のお気に入りのウェブサイトを登録しておくと、そのサイトが更新されたときに、更新情報やその要約を表示してくれるという代物だ。

参考:RSS RSSリーダー 【ウィキペディア(Wikipedia)より】


ウェブ業界ではだいぶ前からその技術は知られていたらしいが、最近注目されるようになったのはブログの流行が大きく影響しているらしい。
いろいろなブログを見ていると「rss」や「rdf」などと書かれたリンクがしばしば見られるが、それがRSSリーダーを利用する上で必要となるものである。たいていのブログではブログサービスを行う会社が、ブログの更新と同時にrssを自動生成するようにしてある。そのためブログの増加がRSSリーダーの利用を促したのである。

一口にRSSリーダーといったが、実はRSSリーダーには大きく分けて以下の4種類がある。
  1. 独立したアプリケーションとしてのもの(独立型)
  2. ブラウザやメーラーと連携するもの(ブラウザ・メーラー型)
  3. 小型で電光掲示板のように表示するもの(ティッカー型)
  4. ウェブサイトがRSSリーダースペースを提供しているもの(Webアプリケーション型)

それぞれに一長一短があり、利用者は利用目的や使いやすさなどでどれかを選択するわけである。
利用者が増えたといったが、現在のところ利用者は100万人に満たないと推測されており、まだ決して一般的なものではない。InternetExploreのバーション7ではRSSリーダーを備えているという話なので、そちらへの移行とともに利用者が増加すると思われる。ネット広告業界では今後の利用者の増加を見越して、既にRSSリーダーを利用した広告挟みこみの策略を練っているようである。

ただ今まで私が利用した限りでは、このRSSリーダーを利用するメリットがあまりみられない。巡廻サイトはそれほど多くないことや使用がわずらわしいこと、あるいは要約が提示されるだけでは内容がわからないことがあるなどがその理由だ。
例えば独立型のRSSリーダーでは画面が3分割されていて、左側に登録サイト一覧、右上に更新情報、右下に詳しい内容、といった形になっているのだが、分割されているため各画面が見づらい、詳しい内容部分の操作がしづらいなど不便が多い。
Webアプリケーション型のものはいちいちログインする必要があるのがわずらわしい。
ブラウザ型ならば普通にサイトを見たほうが早い。
ティッカー型に至ってはものめずらしさ以外、利用価値が分からない。

そんなわけで現状では私にとってはブックマーク(お気に入り)を利用したり、タブブラウザの「閉じる前状態復元機能」を利用するのが一番簡単なのである。
そう考えるとよほどのネットユーザーかネットで情報を収集する職業の人しかRSSリーダーは使わないのではないかと思うのだが、どうだろう。少なくとも現状の機能・インターフェイスではそれほど普及しないと思われる。

私はどちらかというと、パソコンによるネットサーフィンの補助というよりは、ネットが別の家電に組み込まれるなど何らかのネット利用形態の変化がおきてから、利用されるのではないだろうかと思う。

未来やいかに。


参考 / 私が利用しているRSSリーダー:
はてなRSS
株式会社はてな が提供するウェブアプリケーション型RSSリーダー
gooRSSリーダー
検索サイトとして有名なgooが提供する独立型RSSリーダー
■Firefox/Sage
Firefoxの拡張機能の一つで、Sageというブラウザ型RSSリーダー

P.S.
だらだらと長く否定的なことを多く書いてしまいましたが、RSSリーダー未使用の方は一度を試してみてください。もしRSSリーダーを有効活用できている方がいらっしゃいましたら、その使用例を教えていただけるとありがたいです。

更に追記
gooRSSリーダーのキーワード検索という機能の存在に気がついて、すこし認識が変わりました。自分の気になるキーワードを登録するとその語句を含んだブログ記事をピックアップしてくれるという機能です。未知のブログを探し出してくれるので便利です。普通の検索とあまり変わらないけど、一つの画面で操作できる点が良いですね。
またHeadline-Reader Liteという新たなRSSリーダーを使ってみたところ、初めから主要なニュースサイトなどが登録されていて、まじめな(?)ニュース記事を流し見るのに大変便利でした。これは使えそう(゚∀゚)q 独立型のRSSリーダーです。

参考:Headline-Reader Lite
posted by 月見人 at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。