2005年11月12日

古本屋での売却について 〜某某某ー某・某ー某某〜

導入

 今日某有名漫画各種を数十冊売りました。

 今朝、有名古書店(以下A店)の買取価格表が載った広告が入っていたので、そこへ売りに行ったのです。車で15分くらい。両手に袋を抱えニヤけながら入店し、買取をお願いしました。すると店員さんが、「まとめ売りなら某某有名古書店(以下B店)で売った方が高く売れるかもしれませんよ」と助言をしてくれたので、大人しくそれに従ってB店へと行くことにしました。

 B店へ行き、早速漫画の査定をしてもらいました。査定の間、時間つぶしに漫画を読んでいました。その漫画は格闘系の熱い暑い漫画で、漫画を読む私の面の皮も厚くなりました。時間が過ぎて査定終了の放送がはいったので行ってみると、価格が提示されました。!と私は叫んで買い取ってもらうのをやめ、やはり最初のA店で売ることにしました。

 行ったり来たりで少し恥ずかしい感じがしましたが、コソコソと買取をお願いしてみました。査定の時間がまた数分あったので、ブログのカスタマイズに関する雑誌を読んでいました。このブログもカスタマイズしたいなと、思いました。数分で査定は終了し、店員さんが呼びにきてくれました。

 さきほどの価格の3倍の額が提示され、「?」と店員さんが聞いてきたので私は「お願いします」と答えました。これで売買が成立です。提示額を受け取り私は満足げに帰路に着いたのでした。


まとめ

 今回の漫画売却では時間をだいぶロスしましたが、店による価格の大きな差を目の当たりにできたことが大きな収穫でした。そこそこ有名な漫画のまとめ売りだったのでその差額もそこそこで、差額を得た喜びもそこそこでした。

 この記事を読まれた方には、本や漫画、CDなどの売却の際には他より好条件のお店で売却なさることをお勧めします。特に高価なもの人気のあるものは差が出る可能性があります。売ろうかと考えはじめたら、買取価格の目安をいくつかのお店に聞いておくといいのかもしれませんね。


 改めて言うようなことではないです。
posted by 月見人 at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。