2005年11月18日

玄米茶

寒い

最近寒くなってきましたね。身体を温めるため久しぶりに玄米茶を飲みました。

炒った玄米の香ばしい香りが立ち込めます。


昔から親が玄米茶をよく飲んでいたため、いつの間にか私も玄米茶好きになっていました。

genmai-cha.JPG

玄米茶とはその名の通りですが、茶葉と炒った玄米を同量程度ブレンドしたものです。茶葉には番茶が使われることが多いようです。その他にお米がポップコーンのようにはじけた白いもの(「花」と呼ばれるようです)や抹茶を混ぜたものがあります。

抹茶を混ぜるのは色を鮮やかにしたり、味に深みを持たせたりするためのようですが、我が家では抹茶が入っていないものを好んで飲みます。やわらかい味が良いのです。

茶漉しのついた急須に大さじ一杯くらいの玄米茶を入れ、飲みたい量よりちょっと多めのお湯を注ぐ。茶葉がお湯を吸う分を計算に入れるためだ。番茶だからお湯は沸きたての熱々がよい。そして30秒〜1分くらい空を見上げて待つ。あとは湯飲みに注ぐだけだ。

ほ...


気軽さがいい

最近は茶葉に玉露を使うものなども出ていますが、そもそも玄米を混ぜたのは味に乏しい番茶を美味しく飲むための工夫であった訳で、なんだかおかしな気がします。玉露はそれだけで美味しいものなのでもったいないと思ってしまいます。

私には気軽に飲める安くて美味しい玄米茶がいい。

寒い冬に玄米茶を一杯いかがですか?
posted by 月見人 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。